WEB連載

出版物の案内

会社案内

揺れ動く日本語~MOVIN'JAPANESE

著者プロフィールバックナンバー

第79回「見える化」(1)


  • 弁護士会は、ブラックホールとも言える取り調べの過程を録音・録画して、「見える化」するよう求めてきましたが、・・・(福岡県弁護士会)

・・・というような「見える化」という言葉が普通になってきた。しかし、どうもこの表現には違和感を覚える人も多いはずだ。
最高検察庁が2006年夏から冤罪防止のために取り調べの録音・録画を試行し始めた際は「可視化」という言葉を使っていた。

その後、2011年の東日本大震災による原発事故に端を発した自然エネルギー活用の動きが加速化する。それに伴い、一般家庭での太陽光発電システムも推奨され、電力消費のピーク時での電力使用を控えることも提案された。時間帯別に電力使用量のデータを見ることのできるスマートハウスの販促では、「可視化」よりも「見える化」が広告によく使われるようになったのだ。

「見える化」が語感としてしっくりこないのは

  • 「和語の動詞+化」

という複合語だからだ。

もともと、「化」は中国伝来の漢語に接続する接尾語である。古来、有識者が書く文章、法律や行政用語は漢語の羅列だったのだが、平成に入ってその原則が崩れつつある。

庶民に寄り添った表現にという世の中の風潮によるのだが、漢語には同音異義語が多い事情もそれを後押ししている。
例えば、「可視化」の場合、文字を見ないで「かしか」と聞くと、すぐには意味がわかりづらい場合もある。(つづく)

[参考文献]
福岡県弁護士会
http://www.fben.jp/kaichou/20160701.html

2017.5.15 掲載

著者プロフィール
マーク秋山[MARK AKIYAMA] : 1975年、早稲田大学商学部卒業後、日本楽器製造株式会社(現ヤマハ)に入社。楽器用ソフトの企画制作、出版物編集、著作権・法務関連のリーダーを務めた。小学校の壁新聞時代から一貫して、言葉、表記、レイアウトに大きな関心を持つ。定年退職後、日本語学、日本語教育学を学び、現在は愛知国際学院非常勤講師としてアジアからの留学志望者に日本語を教えている。会社員時代からオールディーズ系のバンドで演奏活動を行い、エレキベースを弾く。
上に戻る