WEB連載

出版物の案内

会社案内

オーストリア・シュトバイタール

著者プロフィールバックナンバー

旅にもいろいろあります。
「大名旅行」などといわれる豪華なものから、仕事のための「ビジネス旅行」など。
私がここで皆さんに紹介したいのは、どちらかといえば、お金に縁の薄い若者と、年金生活者向けの物質的には少々足りないが、心豊かな教養に満ちた旅です。
そうです、今流行りの言葉でいえば「清貧の旅」といえましょうか。

2017年1月 シュトバイタールでのスキー

このところ例年の行事(※)になっていますが、1月6日が南ドイツやオーストリアでは「ドライケーニギン(Dreikoeniginキリスト誕生を祝って三人の王様が訪ねたという故事に因んだ祭日)」という祭日に当るため、この日を避けて今年は8日から17日までインスブルックからバスで40分ほど南にあるノイシュティフト(Neustift)に滞在して、更に40分ほど南のシュトバイタール氷河スキー場でスキーを楽しみました。

※例年行事となっているスキー旅行のバックナンバーをいくつか提示いたします。よかったらご覧ください。

今年は北半球ではどこでも寒気団が下ってきて、このスキー場では連日氷点下10℃から20℃という寒さでした。安物の手袋なので長く滑れません。

シュトバイタール・ガムスガルテン
[シュトバイタール・ガムスガルテンの写真]
 
(ボタンをクリックすると写真が切り替わります)

今年から新しくアイスグラート(Eisgrat)行きのゴンドラが二、三十人も乗れる大型になり乗り場も移動しました。ガムスガルテン(Gamsgarten)行きは昔のままで、フェルナウ(Fernau)の中間ステイションも昔のままで、ここでの乗り換えは便利になりました。全く新しいのを造った方が安上がりだったとのことでした。

もう一つのニュースはアイスグラートの山頂駅の直ぐ下に氷河の洞窟が開かれたことです。写真に説明をつけましたのでご覧ください。

アイスグラート氷河洞窟
[アイスグラート氷河洞窟の写真]

▲ボタンをクリックすると写真が切り替わります。

こちらのTVでもトランプの話題で持ち切りでしたが、オバマのサヨナラ演説と同じ日のトランプの演説は圧倒的にオバマが好評でした。

その他の話題としてはハンブルクでエルブ・フィルファーモニ―の音楽堂が開場し、こけら落しの演奏が中継されました。

ガムスガルテンのカフェ
ガムスガルテンのカフェで周りの景色を楽しめる

2017.2.5 掲載

著者プロフィール
おおのただし : 元三井物産、セコム勤務。1年に3回程、ヨーロッパにおける文学ゆかりの地を訪ねている。 企業OBペンクラブ会員。 2006年3月、株式会社秀和システムより『ドイツ連邦共和国がよーくわかる本』を出版。
リンク
企業OBペンクラブ http://www.obpen.com/
東京海外旅行研究会 http://kaiken.ikegi.net/
アマチュア・アーティスト・クラブ http://www.masukomi-kakekomi.com/aac/
プラチナ人材募集 http://www.masukomi-kakekomi.com/radio/  
上に戻る