WEB連載

出版物の案内

会社案内

ウィーン

著者プロフィールバックナンバー

旅にもいろいろあります。
「大名旅行」などといわれる豪華なものから、仕事のための「ビジネス旅行」など。
私がここで皆さんに紹介したいのは、どちらかといえば、お金に縁の薄い若者と、年金生活者向けの物質的には少々足りないが、心豊かな教養に満ちた旅です。
そうです、今流行りの言葉でいえば「清貧の旅」といえましょうか。

2017年5月 ウィーン滞在(第3回)アム・シュタインホーフ教会

2014年から3年ぶりのアム・シュタインホーフ教会の訪問でした。この教会は土、日曜日に一般に開放されています。この教会を設計したオットー・ワグナーは今でこそウイーンを代表する建築家ですが、当時は反対者の方が有力で、ここが街の中心から遠く精神病院の中ということでやっと教会の建設が許されたそうです。

アム・シュタインホーフ教会
教会が藤の花の間にかすかに見える

外観は弟子のヨーゼフ・マリア・オルブリのセセッシオンと同じような「金色のキャベツ」が輝いています。内部はコロマン・モーザーのステンド・グラスと金色の祭壇が人目を引きつけます。ユーゲント・シュティルの傑作です。

アム・シュタインホーフ教会
[アム・シュタインホーフ教会の写真]

▲ボタンをクリックすると写真が切り替わります。

2014年は内部の写真を間違って消してしまったので今回は再度挑戦しました。この教会は緑に包まれた病院の中心部にあって、少し離れたところにカフェもありました。

アム・シュタインホーフ教会
敷地内のカフェ

2017.8.5 掲載

著者プロフィール
おおのただし : 元三井物産、セコム勤務。1年に3回程、ヨーロッパにおける文学ゆかりの地を訪ねている。 企業OBペンクラブ会員。 2006年3月、株式会社秀和システムより『ドイツ連邦共和国がよーくわかる本』を出版。
リンク
企業OBペンクラブ http://www.obpen.com/
東京海外旅行研究会 http://kaiken.ikegi.net/
アマチュア・アーティスト・クラブ http://www.masukomi-kakekomi.com/aac/
プラチナ人材募集 http://www.masukomi-kakekomi.com/radio/  
上に戻る