WEB連載

出版物の案内

会社案内

ウィーン

著者プロフィールバックナンバー

旅にもいろいろあります。
「大名旅行」などといわれる豪華なものから、仕事のための「ビジネス旅行」など。
私がここで皆さんに紹介したいのは、どちらかといえば、お金に縁の薄い若者と、年金生活者向けの物質的には少々足りないが、心豊かな教養に満ちた旅です。
そうです、今流行りの言葉でいえば「清貧の旅」といえましょうか。

2017年5月 ウィーン滞在(第5回)グリンツィングのホイリゲ

グリンツィングの中心に宿が取れたので毎日この町の雰囲気を楽しむことができました。ただ、今回有名店の一つマイヤー・アム・ファルプラッツ(Mayer am Pfarrplatz)が工事中でクローズしていたことです。一番お世話になった飲み屋なのにと残念です。

代わりに今回はツム・マーティン・ゼップ(Zum Martin Sepp)の食事と店の内部について紹介しました。今この店ではウイークデイにヴァイキング(Mittagbuffet)スタイルの野菜を主とした料理を提供しています。さらに今旬のアスパラガス(Spargel)も提供されていました。

グリンツィング
[ツム・マーティン・ゼップ店内の写真]

▲ボタンをクリックすると写真が切り替わります。

この店は町の中心部にあり、マーレイ(Malay)やバッハ・ヘングル(Bach-Hengl)といった店は下の方、町の入口にあります。どの店も昼夜を問わず常に繁盛していました。

グリンツィング
ホイリゲ バッハ・ヘングル

2017.9.5 掲載

著者プロフィール
おおのただし : 元三井物産、セコム勤務。1年に3回程、ヨーロッパにおける文学ゆかりの地を訪ねている。 企業OBペンクラブ会員。 2006年3月、株式会社秀和システムより『ドイツ連邦共和国がよーくわかる本』を出版。
リンク
企業OBペンクラブ http://www.obpen.com/
東京海外旅行研究会 http://kaiken.ikegi.net/
アマチュア・アーティスト・クラブ http://www.masukomi-kakekomi.com/aac/
プラチナ人材募集 http://www.masukomi-kakekomi.com/radio/  
上に戻る