WEB連載

出版物の案内

会社案内

ロックスター☆団長のこの映画が見たい!

著者プロフィールバックナンバー

映画大好きなロックスター☆団長が、旬のおすすめ映画を紹介!
さらに、監督インタビューを始め、映画づくりの裏側にも肉迫!
映画がますます楽しくなるエンターテイメント型コラムです。

第111回『顔たち、ところどころ』

フランス映画界の名匠で女性映画監督の先駆者として知られるアニエス・ヴァルダと気鋭の男性アーティストのJR。そんな二人が共同監督&出演するロードムービースタイルのドキュメンタリー。
88歳のヴァルダと34歳のJR。親子以上に年の離れた2人がフランスの田舎をトラックで巡りながら、地元の人々と接し、作品をともに作り、残していくいく旅の様子を記録。2017年・第70回カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞、トロント国際映画祭の最高賞である観客賞など、各国の映画祭で受賞を重ねる注目作。

この映画を見たキッカケは、たまたま見かけた宣伝チラシです。

スラリとした、ちょっとクセのありそうな男性と小柄な年配女性が草原を歩いている姿。絵図的には、どことなくビートルズの名盤『アビィロード』のジャケットを彷彿させながらも、全く異なる、のどかな雰囲気。とても興味を覚え、さっそく見たくなりました。

そして、そのカンに狂いなし!
正直、かなり好みの作品です。

もし今年のロゼッタストーン映画大賞を選べ、と言われたなら、きっと本作を選ぶと思います。

それくらい、見応えがあるとともに、余韻がいつまでも残る。何より、すごく楽しかった。

ドキュメンタリー映画なのに、
物語以上にドラマティック!
そしてロマンティック!

映画に出てくる人たちは、二人がフランスの田舎を旅している中で偶然出会った、ということですが、これが実に味のある人たちばかり。こんな出会いがあること自体が素晴らしいし、二人の人を見る目の豊かさにも感動します。
また、市井の名もなき人々の魅力を最大限に引き出した、とも言えるかと思います。

それと、フランス人の生活の中には、アートが当たり前のようにあるんですよね。誰もがアートを楽しむ心を持っている、といっても過言ではありません。二人と、出会う人々とが共につくりあげていく“作品”にぜひ注目!

また、作品の最後には、ある大物監督の影がチラリ。見どころが多く、一瞬たりとも見逃せません!芸術の秋に、イチオシの作品です。

最後に、ヴァルダ監督のことはヌーヴェル・ヴァーグの女流監督の第一人者として名前を知ってる程度で、まだ作品は見たことがありません。これを機に、ぜひ見ようと思います。


『顔たち、ところどころ』
2018年9月15日より公開中
■公式サイト
http://www.uplink.co.jp/kaotachi/

2018.11.2 掲載

著者プロフィール
団長 : ロックバンド“一里塚華劇団”のボーカル&ギターとして、世界を股にかけて活躍中。独特のトークと華やかでユニークなキャラが注目を集め、ソロとしても、ラジオDJ、作家、 学校講師、モデル、ナレーターなどとして、特に年間1,000冊以上の読書を楽しむ"本の ソムリエ"として人気。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。趣味は帽子集め。
【バンドHP】http://dancho.honsom.com/
上に戻る