WEB連載

出版物の案内

会社案内

ロックスター☆団長のこの映画が見たい!

著者プロフィールバックナンバー

映画大好きなロックスター☆団長が、旬のおすすめ映画を紹介!
さらに、監督インタビューを始め、映画づくりの裏側にも肉迫!
映画がますます楽しくなるエンターテイメント型コラムです。

第92回『モアナと伝説の海』

モトゥヌイ島で暮らす16歳の少女モアナ。村長の娘として、いずれその役目を引き継ぐ立場にあるものの、禁じられている外洋にいつか出ることを夢みていた。
そんなある日、島で作物や魚たちに異変が発生。島を救うためには、命の女神テ・フィティが伝説の英雄マウイによって盗まれた"心"を取り戻し、世界を闇から守らねばならない。祖母の教えに従い、父親の猛反対を押し切ってモアナは大海原に旅立つが…。

公開初週の映画ランキングで初登場首位を獲得。
「リトル・マーメイド」「アラジン」で知られるロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督によるウォルト・ディズニー・アニメーションの最新作です。

一言でいうなら、大海原を舞台に主人公の少女が大活躍する冒険ファンタジー。

爽快で心地よく、誰もが安心して楽しめるディズニーの持ち味を踏襲しながらも、従来の作品とは一味違う個性も感じさせてくれるところに魅力を覚えます。

非常に印象に残った点が3つ。

1つ目は、海の美しさ!
海、波、砂浜…いずれもCGアニメとは思えないほどの臨場感。海の上でも中でも、まる自分がそこにいるかのようで! 海の風や匂いすらも感じられる気がします。

実写さながら、かつ、アニメならではの魅力も存分に味わえて特別な開放感がありますね。場面の大半が海だけに大きな見どころだと思います。

2つ目は、登場キャラたちの意外性!
まず、主人公のモアナからして珍しい。アニメのヒロインにありがちな絶世の美女でも、超モデル体型でもありません。

そして強いわけでも何かに秀でてるわけでもない。それどころか、知恵も技術も足りないところだらけ。でも、勇気を振り絞って困難に立ち向かう姿には、アクション・ヒーロー的なかっこよさがあるんですよね。とても魅力があります。

また、モアナの仲間も敵も、どのキャラも捻りが効いていて、個性的。新奇さだけではなく、1つ1つに意味があるところもいいですね。次はどんなキャラが出てくるのだろう、とワクワクさせられます。詳しくは見てのお楽しみですが、特に"海賊"には驚かされました!

3つ目は、歌!
主題歌を始め、劇中の歌は、どれも素晴らしい。
バラエティに富み、場面場面のイメージを喚起させるのに実に効果的。個人的には、ド派手な巨大カニ"タマトア"が歌うグラムロック調の「シャイニー」がツボでした。サントラが欲しくなりますね、これは!

物語を味わいながら、主人公の成長と活躍に勇気と元気をもらう。映画の細部に込められた工夫や技術に感嘆する。老若男女問わず、大いに楽しめる作品です。


『モアナと伝説の海』
2017年3月10日より公開中
■公式サイト: http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

2017.3.30 掲載

著者プロフィール
団長 : ロックバンド“一里塚華劇団”のボーカル&ギターとして、世界を股にかけて活躍中。独特のトークと華やかでユニークなキャラが注目を集め、ソロとしても、ラジオDJ、作家、 学校講師、モデル、ナレーターなどとして、特に年間1,000冊以上の読書を楽しむ"本の ソムリエ"として人気。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。趣味は帽子集め。
【バンドHP】http://dancho.honsom.com/
上に戻る