WEB連載

出版物の案内

会社案内

困中記
日本のファーブルを夢みる男に訪れるトホホな現実の記録

困中記 菅野良一著
ISBNコード:ISBN978-4-947767-08-0
判型/頁:四六判変型 176ページ 並製
発売日:2007年11月29日

困中記
─日本のファーブルを夢みる男に訪れるトホホな現実の記録 定価:1,404円(本体1,300円+税)
在庫:
数量:

⇒本書の内容  ⇒目次

本書の内容

人気劇団・キャラメルボックスの俳優として活躍しつつ、大学院で昆虫の研究を続けている菅野良一氏の初エッセイ。日本のファーブルを夢見る男はいつでもどこでも困ってばかり。30代独身男の不器用すぎる日常生活が笑えます。 ツノの小さなカブトムシがメスをゲットする方法、お利口なアリばかりの集団よりもお馬鹿なアリが混ざっている集団のほうがうまくいく…など、途中にはさまれた昆虫コラムも必見です。

菅野良一。初めて会ったほぼすべての人に『かんのりょういち』と読まれるが、『すがのよしかず』と読む。関東近辺の一般的な小中学校の夏休みの最後の日である08月31日生まれ。小学校時代はほぼ毎年、自らの誕生日を夏休みの宿題の追い込みに費やす。乙女座。

血液型不明。高校生の時血液型占いブームがあり、母子手帳を見てみたら血液型が書いてなかった。多感な年頃だったので、血液型で家族に亀裂が生じると困ると思い調べられず。身長163㎝(自己ベスト)。高2の時にマーク。高1が160.3㎝、高3が160.3㎝だった。記録係である体育委員が嘘を言うはずはないので、高2の僕は我ながらかなり頑張ったと思う。現在もこの記録を抜くべく鋭意努力中だが、毎年の健康診断では160.1〜160.3㎝辺りをウロウロしている。

(中略)

経歴
物心が付いた時には昆虫を始め、生き物が大好きだった。暇さえあれば生き物を探していた。小学校の遠足では、何か珍しい虫が落ちていないかと下ばかり向いて歩いていた為、地面の記憶しかない。 中学生から自然保護関係のボランティアに参加。将来、バードサンクチュアリなどのレンジャーになりたくなり、生物の専門的な知識を求めて愛媛大学理学部生物学科に進学。

演劇部に入部。レンジャーになるには知識だけでなく人とのコミュニケーション能力も必要な為、当時アガリ症かつ対人赤面症だった自分を変えたかったから。一種のショック療法のつもりだった。それまでは演劇を毛嫌いし、高校時代などは演劇部員に難癖を付けては喧嘩を売るような困ったちゃんだった。 同期の部員は演劇経験者が多く、追いていかれないようにしようと、モダンダンス部にも入部。全身総タイツも経験する。一時期、総タイツでトイレに入っている最中に地震などで即死し、後で発見されるのだけは仕送りをしてくれている両親に申し訳ない、と退部を真剣に検討する。

卒業後大学院に進学するつもりだったが、4年間続けてきた演劇・ダンスに多少の未練が残り、自分が好きな劇団のオーディションを1つだけ受けようと、『演劇集団キャラメルボックス』を選ぶ。夏に大学院の入学試験と劇団のオーディションを両方受け、運を天に任せて受かった方に行こうと甘い事を考えていたら、見事に両方とも落ちる。因みに大学院は2つも受けていた。さらに言うと劇団のオーディションは3次審査まで有るのだが、1次の書類審査で落ちた。後で聞いた話だと『背が低すぎる』というのが理由だったらしい。

冬にも大学院と劇団のオーディションがあり、懲りずに両方受け、今度は両方合格してしまう。夏も冬も運は天に任せられなかった。ここから演劇と研究の2足のわらじの生活が始まる。

(中略)

入団時より『歌って踊れるファーブル先生』を目指す、と言ってきたが、何をもってすれば『歌って踊れるファーブル先生』となるのか、具体的なビジョンが無いまま今日を迎え、降って湧いたように出版する事になった『昆虫記』ならぬ『困中記』でなんとかお茶を濁せないか画策中である。

その『困中記』、題名を『ムシゴロウのコンチュウキ』にしたら、ムツゴロウさんが『昆虫記』を書いたのかと、僕のようなムツゴロウファンは手に取るのではと提案したが、編集サイドからあっさり却下された。しかし無名の舞台役者が書いたエッセイが売れるとはとても思えず、今でもこの偽ブランド品作戦を押し通さなかった事をちょっぴり後悔している。

(中略)

特技
食べた物は無駄なく体脂肪に変える。地球に優しい男。
基本的に『運が』無く、「ここぞ!!」という場面での選択がほぼ裏目に出る。その為日々いろんな事に『困って』生活している。

『困中記』とはそんな人間のトホホな日常の記録です。


(「菅野って誰よ?? 『困中記』って何よ??と思われた方の為の“まえがきに代えた自己紹介”」より抜粋)


目次

結婚話か泣かれるか

こりゃ〜まいった…

コラム アリとキリギリス

密かに街の人気者

判断ミスか??運の悪さか??

コラム 背の高くない男性達よ、落ち込む事なかれ

チョウの羽ばたきの影響は…??

嬉しくて困惑のお手紙

コラム 緊張は命を救う??

意外とめんくいな菅野

15年ぶりの挑戦

コラム 男と女の間には

ギャンブラー菅野

早朝の訪問者

コラム 大馬鹿の役割


上に戻る