WEB連載

出版物の案内

会社案内

福島みずほの日本再生〜生きにくいぞニッポン!!

福島みずほの日本再生〜生きにくいぞニッポン!! 福島みずほ 著
ISBNコード:ISBN4-947767-00-6 C0031
判型/頁:四六判 256頁 並製
発売日:2004年6月4日

福島みずほの日本再生〜生きにくいぞニッポン!!
定価:1,620円(税込)
在庫:
数量:

本書の内容

まだ40代、当選5年目というスピードで、社民党党首に就任した福島みずほさん。若く元気なパワーで、彼女は日本のジャンヌ・ ダルクになれるのでしょうか!?
この本は、いままでにありそうでなかった、福島さんの本格的政策論。平和、環境、 雇用、税金の使い方…、 いまの日本の何を変えたいのか、日本をこれからどんな国にしたいのか、福島さんの熱い思いがたっぷり詰まっています。

選挙での敗北、土井党首の辞任、辻元元議員の有罪判決……、本当に大丈夫なの?  社民党になにができるの?  土井さんのときとどこが変わるの?……などと、いろいろご心配なあなた!

大丈夫! ひとまわり大きくなった福島みずほを、この本でお目にかけます!

福島みずほの日本再生〜生きにくいぞニッポン!!』は、下記のような方におすすめです。

●いまの政治家は信じられない、と思っている人
●いまの日本は生きにくいと思っている人
●自然環境の悪化が心配な人
●日本が戦争に巻き込まれるのはイヤだと思っている人
●老後が心配な人
●価値観を押し付けられるのが苦手な人
●「強い日本」より、「暮らしやすい日本」がいいと思う人
●子育てと仕事の両立は大変だと思っている人
●教育費が高すぎると思っている人
●自分らしく生きていきたいと思っている人  etc.


ご興味がある方は、ぜひ、お近くの書店でお買い求めください。
また、ホームページからも購入受付をしています。


目次

はじめに ——社民党党首になってみて——
党首を引き受けるまで
国会議員になった原点
党首と幹事長
誰もが共に生きられる社会を

第一章 弱肉強食の世界から、みんなが力を発揮できる社会に
二極化が進んでいる現実
アメリカ型社会をめざしていいのか
競争社会は「不安」と「ストレス」を生む
医療の沙汰も教育の沙汰も金次第とは!
子どもの学費は無料にしよう
いまや、働く女性は半分が非正規雇用

第二章 将来もし一人になっても生きられる「安心安定支給宣言」
女性が誰と結婚するかで年金が変わるのはおかしい
一人でも生きられる。でも一緒に生きられるといいね
社民党が提唱する「二階建て年金改革」
議員年金には反対
システムが整えば、家族に愛情がもどる

第三章 税金は利権のためではなく、市民のために使う
福祉、地方が切り捨てられている
儲からない公共サービスも必要
消費税を上げるより、公共事業を透明化すべし
「小さな政府 大きな自治体」をめざす
ODAは相手の国に有効な使い道を
政権交代で癒着を断つ

第四章 めざせ!「平和輸出国」
なぜ、平和にこだわるのか
戦争と差別・排外主義は手をたずさえてやってくる
国際貢献なら、もっと別のやり方がある
「自己責任論」は間違っている
劣化ウラン弾の恐怖
日本が買ったクラスター爆弾、どこで使うの?
社民党は自衛隊員の味方です
北朝鮮を民主化させるには、東欧の変化が参考になる
アメリカべったりではなく、もっとアジアを重視したい

第五章 本当に変えていいの? 「日本国憲法」
「改憲」の目的は、憲法九条と前文
憲法を変えたら、歯止めはきかない
「表現の自由」が侵されている
「個人の思想・良心の自由」と「愛国心教育」
戦争に協力するか、刑務所に行くかの二者択一
「権利」は憲法に入れるより、法律に入れたほうが実効性がある
今の日本は大きな岐路に立っている

第六章 地方に雇用の場をつくる環境ビジネス
雇用の場として有望な環境ビジネス
原子力発電所は未来の子どもに負荷を残す
再生可能な自然エネルギーを増やそう
林業や農業も地方分権型ビジネス
安全な食品は、地元で供給

第七章 こんな日本をつくりたい(福島みずほ版マニフェスト)
多様な価値観の認められる社会
女性が一人でも生きられる社会
  ●「女性のためのマニフェスト」
子どもが「自分が主人公」だと思える社会
  ●「子どものためのマニフェスト」
みんなが安心して年をとれる社会
  ●「高齢者のためのマニフェスト」
戦争のない平和な社会
  ●「平和のためのマニフェスト」
「環境」や「食の安全」を守る社会
  ●「いのちと環境を守るマニフェスト」
地域の人が経済的・精神的に豊かに暮らせる社会
  ●「地域政策マニフェスト」
すべての人が生きていてよかったと思える社会

付録
福島みずほの
「あらたな戦争の時代における日本国憲法にもとづく平和政策の提案」

終わりに

上に戻る